睡眠薬を通販で買うのは違法じゃない!その理由を紹介

違法
睡眠薬が通販サイトで買えると聞くと、
「睡眠薬を通販サイトで買って大丈夫?」
「違法にはならないの?」

など疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

通販サイトで睡眠薬を買うのは違法ではありません。

睡眠薬が買えるサイトは、個人輸入代行の専用サイトのみ。
個人輸入とは海外の薬を取り寄せることであり、厚生労働省が認めている合法な行為なのです。

では個人輸入代行サイトとはどんなサイトなのか、個人輸入をする時の注意点などを紹介します。

通販で買えるおすすめの睡眠薬はこちら

睡眠薬が買える個人輸入代行サイトとは?

ネット通販
個人輸入代行サイトとは、海外製医薬品が買える通販サイト。

精神科やメンタルクリニックなどで処方してもらう場合は処方箋が必要ですが、個人輸入代行サイトなら処方箋が無くても購入できます。

個人輸入代行サイトは日本語で作られているので「外国語が苦手!」という人でも安心。
楽天やAmazonといった一般的な通販サイトと同じ感覚で注文できるので、簡単に睡眠薬を購入できるのです。

しかし個人輸入代行サイトの中には、悪質なサイトも存在します。
商品を注文しても届かなかったり、偽物の商品を送りつけたりするサイトがあるのです。
睡眠薬を安全に通販するには、信頼できるサイトから購入しましょう。

安全なサイトの選び方について詳しくはこちら

睡眠薬を買う前に!知っておくべき個人輸入のルール

睡眠薬の個人輸入は違法ではないと言いましたが、守らないといけないルールがあります。

【個人輸入のルール】
1.一度に買える睡眠薬は用法・用量から考えて1ヵ月分以内
2.買った人が使う目的で個人輸入をする

一度に購入できる睡眠薬は、1ヵ月分のみ。
もしも1ヵ月分より多く買ってしまうと、税関に没収されてしまう可能性があります。

「睡眠薬を注文したのに届かない!」という事態になりかねないため、購入する量に気を付けましょう。

また買った睡眠薬は、本人が使う目的でなければなりません。
たとえば家族や友達の分をまとめて買ったり、使わなくなったからといって人に売ったりすることは禁止されています。

個人輸入代行サイトで睡眠薬を買う時は、自分が使う分だけ購入しましょう。

【注意!】輸入すると違法になる睡眠薬

睡眠薬を通販する時に気をつけたいのが、輸入すると違法になる薬があるということ。
デパスやアモバンなどの向精神薬に分類されている睡眠薬は、個人輸入であっても購入することは認められていないのです。

【向精神薬の輸入が認められていない理由】
依存性が高いため、乱用のリスクがある

以前は向精神薬も輸入できましたが、現在は輸入が規制されています。
もし向精神薬を販売しているサイトがあれば、違法か偽物。
通販サイトで売っていても絶対に買わないでください。

SNSやフリマサイトで睡眠薬を買うのはダメ!

SNS
医薬品の個人輸入は購入した本人が使用することが前提なので、輸入した医薬品をほかの人へ売ったり、あげたりすることは違法になります。
またほかの人の分をまとめて輸入することも認められていません。

最近では、ツイッターやインスタグラムで睡眠薬の購入希望者を探し、フリマサイトへ誘導して販売するという違法行為が多発しています。

実際にツイッターで検索してみると、#お薬もぐもぐ や #お薬譲ります というハッシュタグをつけて睡眠薬や向精神薬を販売している人がいました。

医薬品を許可なく販売することは、薬機法違反。
SNSやフリマサイトで医薬品を購入してしまうと、犯罪に加担してしまうのです。

また他人から貰った薬が本物なのか、体に害は無いのか一目では分からないためとても危険。

自分の身を守るために、睡眠薬は病院に行って処方してもらうか、個人輸入代行サイトで購入しましょう。

睡眠薬を通販で買うのは合法!ルールを守って正しく輸入しよう

海外の医薬品を通販サイトで購入することは合法。
ただし安全に購入するには、守るべきルールがあるのです。

【個人輸入のルール】

・大量に購入しない
・他人にはあげない
・違法薬物に指定されている商品は購入しない
・購入した薬を転売しない

これらの決まりを守って正しく安全に個人輸入サイトを利用しましょう。